· 

レモン・ブラウニー

Lemon Brownie
Lemon Brownie

 最近の"Tui Garden"のメルマガに、「レモン・ブラウニー」のレシピが載っていました。Tui Gardenはガーデニング・プロダクト"Tui"のウェブサイトで、季節毎のガーデニングの手引きやアイデア、果樹や野菜を使ったレシピなどを紹介しています。

 さて、このサイトのレモン・ブラウニーのレシピ、きれいなレモン色の角形ケーキの画像入りですが、材料はバター、砂糖、小麦粉、卵、レモンで、どう見ても「レモンケーキ」であって、"ブラウニー”の要素がありません。

 そこで、正真正銘のレモン風味のブラウニーを作ったらどうなるのか、試してみました。レシピの基本は、さざんか亭風ブラウニーなので、とても簡単。ブラウニーとはブラウンシュガーとチョコレートを主材料にした焼き菓子。さざんか亭風レシピでは、チョコレートの湯煎などを省く代わりに、市販のヘーゼルナッツ・チョコムース(「ヌテラ」という製品名でも知られていますが、いろんなメーカーのがあります)を使っています。

 冬は柑橘系フルーツの収穫期。NZの庭付き住宅では、レモンの木があるところが多いですね。さざんか亭の庭のレモンの木も、いっぱい実を付けています。爽やか風味のレモン・ブラウニーは、コーヒー・紅茶・緑茶・ハーブティーどれにでも合います。

 チョコレート味とオレンジも相性がとてもいいので、レモンの代わりにオレンジを使ってもいいと思います。

 

<材料> 24個分

(A)

ソフトバター 1カップ(150g)

ブラウンシュガー  1カップ

ピーナッツバター(クランチタイプ) 大さじ3

ヘーゼルナッツ・チョコムース  大さじ5

卵 2個

みりん 大さじ2

塩 ひとつまみ

レモン・エッセンス(あれば) 少々

(B)

コーンフラワー(プレーンフラワー=薄力粉でも可) 1カップ

ベーキングパウダー 小さじ1

レモン 果汁&ゼスト(削ったレモンの皮)2個分 

 

<作り方>

オーブンを160℃に余熱

1 ボウルに(A)の材料を入れて、よく混ぜる。

2 (B)の材料を加えて、全体をさっくりと混ぜる(混ぜすぎないように注意)

3 角型のベーキング容器の内側にベーキングシートをピッタリと敷き、ボウルの中身を注いで平らにならす。縁までキッチリと詰める。

4 160℃のオーブンで25分焼く。

5 冷めてから切り分ける。