チキン・ティッカ(小口切りのタンドリー風チキン)

 カレールーも使わず、煮込む時間も不要。フライパン一つで美味しくできるタンドリー風チキンカレー。 

 

 トマトソース、ヨーグルト、カレーパウダーやスパイスなどをベースにして、しっかり味をなじませてから調理するので、調理時間は短く、手軽にできます。

 

 付け合わせは、軽いカレー味の茹で野菜や、ヨーグルト風味の爽やかサラダなどがよく合います。

 

 

<材料> 4人分

チキン(骨なしのもの肉 または むね肉) 約1kg

ガーリック 1片

ハーブ  (ローズマリー、タイム、セージなど。ドライハーブmixでも可)

シーソルト

ブラックペッパー

カレー粉  大さじ2

スパイス(ナツメグ、スモークパプリカ、ガラムマサラなど 好みで) 各少々

トマトソース 2カップ

ヨーグルト  1カップ

 

<作り方>

1 鶏肉を食べやすい大きさに切り分け、みじん切りにしたガーリックとハーブ、ソルト、ブラックペッパー、オリーブオイルをまんべんなく混ぜてなじませる。

2 大きめのボウルに、トマトソース、ヨーグルト、カレー粉、スパイス類を入れてよく混ぜる。その中に小口切りの鶏肉を十分沈み込むように漬け込む。

3 2にピッタリとラップを被せて、冷蔵庫で3〜4時間寝かす。

 

4 ノンスティックのフライパンにオリーブオイルをひき、よく熱してから漬け込んだ鶏肉を入れて焼く。漬け汁のカレーソースもヒタヒタになるくらいに一緒に加えて、初めは蓋をしてしっかり火を通す。

5 鶏肉全体に火が通ったら、蓋をとって、カレーソースを煮詰めるようにやや火を強める。焦げ過ぎないように気をつけながら、鶏肉にコンガリ感が出るくらいまで焼いて出来上がり。

 

<付け合わせ例>

*茹で野菜のカレー風味

 サイコロ状に切ったポテト、ザク切りの玉ねぎ、インゲン豆、ピー&コーンなどを茹でて、熱いうちに塩、胡椒、カレー粉をまぶして和えます。

 

*ヨーグルト・ドレッシングのサラダ

 レタス類、薄切りの青リンゴ、ラディッシュなど、好みやあり合わせの野菜に、ヨーグルト・ドレッシング(レモン、ヨーグルト、塩などをmix)を合わせます。市販のフレンチ・ドレッシングなどにヨーグルト混ぜてもOK。