· 

プラムの漬け物

プラムの漬け物  plum pickles
プラムの漬け物 plum pickles
  さざんか亭の古木プラムが今年も豊作。ドライブウェイに垂れ下がってジャマな枝を数本伐っただけで、まだ青いプラムがゴロゴロ採れました。
   あと1週間も枝に付いていれば紅く熟れるのですが、この青プラムたちも無駄にするのは可哀想。
    日当たりのいいバルコニーで日光浴させたら、わずか3時間ほどでドンドン色が変わって、なんだか発酵しかかっているような香りまでしてきました。色づきかけた未熟果を室内の日当たりのいい所に置くと、数日で次第に熟れていきますが、この直射日光インスタント熟成は、初めて体験。これ以上は紅く熟れていきそうにない。でも、すでにカリカリの青プラムでもなく、実は若干の弾力がある。さて、これをどう利用できるかな?
  未熟果で酸味が強いのは、ジャムには向かないけど、チャツネはできるはず。発酵がかってるというのは、漬け物に向いてる?
   そこで、プラムをメインのフルーツ・チャツネと漬け物を作ってみました。チャツネは以前にも完熟プラムで作りましたが、今回は酸味が強い分をリンゴや自家製チェリー・ジャム、ハニーなどでバランスをとりました。このチャツネについては、別にレシピや利用法をupします。
    漬け物は良い感じにできあがり、最初の画像のように紫三つ葉とちょっぴりお醤油を付けて、なかなか乙な味わいです。
    ここでは、2種の漬け物のレシピを紹介します。梅干の英訳Pickled Plumではなく、正真正銘のプラム漬け物。
   
プラム漬け物  レシピ1
<材料>
直射日光インスタント発酵の青プラム  20個
すし酢        大さじ2
みりん        大さじ2
しょう油     小さじ2
アボカドオイル   小さじ1
(オリーブオイルやサラダオイルでもOK)
シーソルト   少々

<作り方>
1   プラムを種の周りをそぎ落とすようにして切り分ける。
2   ボウルにプラムと調味料を全て入れて、全体がなじむように混ぜる。
3   クリンラップを押しつけるように被せ、その上に重しになるように、一回り小さい容器に水を入れて乗せ、冷蔵庫で2日ほど置く。
プラム漬け物のレシピ   2

こちらは塩麹を使ってみました。
漬け込んで寝かせる方法も、レシピ1とはちょっと変えています。どちらの方法でも、家庭にある物の利用です。

<材料>  分量は適当に…
直射日光インスタント発酵の青プラム
塩麹
ジンジャー・パウダー (生姜を刻んでもOK)
ブラック・ペッパー
ごま油
しょう油

<作り方>
1  ボウルに刻んだプラムを入れ、塩麹と他の調味料を加えて、全体よくなじませる。
2  シール付きビニール袋に入れ、奥に押し込むようしてできるだけ空気を拭いてから、ぴったりとシールする。
3  コンテナ容器に詰め、上から重しをして、冷蔵庫で2日ほど寝かせる。重しは、同じコンテナ容器が別にあれば、それに水を入れてぴったりと乗せる。もう一つのシール付きビニール袋に水を入れて乗せてもOK。

スーパーの駄菓子やドライフルーツなどの量り売りコーナーにあるシール付きビニール小袋が何かと重宝なので、買い物の際にちょっと余分に取っておくと便利です。