· 

自家製ミニ・バーガー2種でBBQ

homemade mini burger
homemade mini burger

  NZのサマーは、BBQの季節。家族や友人たちとBBQ パーティーの機会も多くなります。肉やソーセージなどの定番に、ちょっとオリジナルな自家製ミニ・バーガーを加えてみましょう。BBQがなければ、フライパンで焼けばOK。このレシピはパーティー向けのミニ・バーガーにしていますが、普通サイズにすれば夕食メニューにもなります。

   好みのハーブをたっぷり混ぜるハーブ・バーガーと、サンドライ・トマトやオリーブを刻んで混ぜる地中海風バーガーの2種類。
 パンにトロトロに炒めたオニオンとレタス、チーズを挟んで、BBQソースも絡めて、セルフサービスで皆でワイワイと食べると楽しさ最高。
   ローズマリーやカラント(カシス)の茎を串代わりに刺して盛り付ければ、室内パーティーでも主役の一品になります。
 
<材料> できあがり…各種 ミニバーガー 15~18個  普通サイズ・バーガー  6~8個
ビーフ挽肉 1kg
シーソルト、ブラックペッパー、醤油 少々
トースト用ブレッド 2枚
卵2個
オリーブオイル  (あれば)アボカドオイル
ハーブ (オレガノ、セージ、チャイブ、パセリなど好みで。ドライハーブMixでも良い)
ガーリック 2片  (あれば)ブラック・ガーリック 3〜4片
サンドライ・トマト  4分の1カップくらい
オリーブ       4分の1カップくらい
<作り方>
1 ハーブ数種の葉、ガーリック、サンドライ・トマト、オリーブなどを細かく刻む。
  トースト用ブレッドも細かく刻む。
2 ビーフ挽肉を2つのボウルに500gずつに分けて入れ、刻んだガーリックとトースト・ブレッドを半分に分けて加える。
3 片方にハーブ数種、別の方にサンドライ・トマト、オリーブ、ブラック・ガーリックをくわえ、それぞれ塩・胡椒、醤油少々で味付けする。
4 各ボウルに卵1個ずつとオリーブオイル少々(片方をアボカドオイルにすると異なる風味になる)をくわえて、全体をよく混ぜる。手でしっかりと捏ねるように混ぜることで、旨味が増す。
5 直径8cm・厚み2cmくらいのミニ・バーガーに形をまとめて、トレーに並べ、後は十分に熱したBBQまたはフライパンでジュージュー焼くだけ。
*1〜4の過程は、フードプロセッサーにそれぞれの材料と調味料を全部入れて混ぜてもいい(私はいつもボウルと手でやりますけど)。
*パーティーではなく家族用のBBQやディナー用にしたい時は、大きいサイズで作る。
*一度に使い切らないときは、ラップで包んでタッパーに入れて、冷凍保存。
 ミニ・バーガーにすることで、数を増やすだけでなく、調理時間も短縮。厚みのあるハンバーガーは、意外と火の通り具合がわからずに、外だけ焦げて中が生焼けという失敗もありがち。串を刺してみて透明な水分が染み出たら、ちゃんと焼けている証拠です。

 飾り串にするハーブの茎は折れやすいので、金串や竹串を補助にして一緒に刺し、補助串をそっと抜くようにするとキレイに仕上がります。

 



ローズマリーとカラント

 

飾り串に使ったハーブ、ロースマリーとカラントの葉は、どちらもハーブティーにもできる食用です(このレシピでは、あくまで飾りですけど)。

 

ローズマリーの葉は、肉料理の香り付けによく使われますが、脳の活性効果(記憶力を高める)があると言われ、他のハーブとmixで爽やかなハーブティーになります。

花も愛らしいブルーや紫で、食べられる花として、料理の飾り付け、サラダやデザートのアクセントになります。

 

カラントにはレッドカラントとブラックカラントがありますが、カシスとして知られているのがブラックカラント。黒い実はブルーベリーより眼精疲労に効き、抗酸化効果が高いと言われています。葉の効用はほとんど知られていませんが、ヨーロッパでは保湿美容・抗リュウマチの生薬としてハーブティーにも利用されているそうです。

 

 ローズマリーもカラントも刈り込みに強く、生垣のように育てることもできるし、鉢植えでも育つので広い庭がない人も育てられます。ローズマリーは直立性とほふく性などの種類があるので、串などの飾りにも使いたい場合は直立種を選びましょう。