· 

ごちそうサラダの勧め/ステーキサラダ

 肉や魚が主催で、サラダは脇役、そんなイメージを捨ててみましょう。

 NZのカフェやレストランのメニューにあるサラダには、ラムやチキン、ダックなどの肉との組み合わせのものが多いですね。野菜もプロテインも一緒に摂れる”ごちそうサラダ” なら、ボリューム次第でサイドディッシュにもメインディッシュにもなります。これは、ちょっと目からウロコ、食文化のカルチャーショック的体験。

 家庭でも、「ごちそうサラダ」をドンドン取り入れると、おかず+サラダが立派な一品にまとまるといういい事尽くめ。

 

 材料の組み合わせは自由自在。

 ここでは、「ステーキサラダ」を紹介します。

 上質のスコッチ・フィレ・ビーフをステーキにして切り分ければ、肉の美味しさを味わいたい人も、どっかりした肉の塊は苦手な人も、満足。野菜が苦手な子どもも、ステーキと一緒にモリモリ食べられます。

 BBQ用とか煮込み用の固い肉はサラダには向かないので、ここは少しいい肉を使いましょう。スコッチフィレはちょっと高価な肉ですが、サラダにすることでコスト・パフォーマンスも良くなります。

 

<写真例の材料> 4人分

 

スコッチフィレ・ビーフ 約500g

シーソルト

ブラックペッパー

オリーブオイル

卵 2個

レタス 数種

キューリ 2分の1本

アボカド 1個

ミニトマト 適宜

エディブル・フラワー(食べられるハーブの花)

 イングリッシュ・マリーゴールド、ビオラ

 

好みのドレッシング

 

<作り方>

1 ステーキは焼く直前に塩・ブラックペッパー・オリーブオイルを振りかけて肉全体になじませる。

2 よく熱したステーキパン または フライパンで、片面3〜4分ずつ焼き、トレーに置いてアルミホイルをかぶせて休ませる。

 

3 ゆで卵2個を作って、冷水に取り、殻をむいて切り分ける。(輪切りでも短冊きりでも良い)

 

4 野菜を食べやすいサイズに切って、平たい皿に散りばめる。レタス、キュウリ、アボカドの順でおくとバランスが良い。

5 休ませたステーキを食べやすい大きさのスライス状に切り分け、野菜の上に散りばめる。さらにゆで卵、トマトを置いていく。

6 最後にエディブル・フラワーを飾りにのせる。(オプション)

 

ドレッシングは後からかけてもいいし、レタス類、ステーキ・スライスに別々に異なるドレッシングを絡めて置いてもいい。

 


エディブル・フラワー

 

彩りがきれいで愛らしいだけでなく、ちゃんと食べられる花たち。

 

*イングリッシュ・マリーゴールド

 普通「マリーゴールド」と呼ぶのはフレンチ・マリーゴールドで、野菜と一緒に植えるとある種の害虫防止になる"コンパニオン・プラント”ですが、こちらは匂いが強くて食用には向きません。

 食用のマリーゴールドは上記のものとは別の「イングリッシュ・マリーゴールド」、日本のキンセンカに当たりますが、それより香りが優しいハーブです。

 丈夫で、こぼれ種でもドンドン増え、花壇にも鉢植えにも向いています。放っておくと勝手に交配するらしく、濃淡の黄色やオレンジなど色のバリエーションも出てきます。

 サラダには花びらを散らすときれいです。

 

*ビオラ

 パンジーの小型種、ビオラも菜園に野菜と一緒に植えるといいコンパニオン・プラント。これもこぼれ種で年々勝手に生えてきて、かわいい花を咲かせます。花期も長く、寒さにも強く、コスト・パフォーマンス抜群。

 サラダやデザートの飾りにするには、できるだけ小さな花が向いています。