プラムジャムでデボンシャー・ティー気分

スコーンにたっぷりのクリームとジャムを乗せて、濃いめのミルクティーで楽しむデボンシャー・ティー風。

これを、自家製スコーンと自家製ジャム、菜園で摘んだハーブのお茶でアレンジして楽しむ午後。

 

NZではデボンシャー・ティーに使うクロテッドクリームが入手できないので、スーパーで買える濃いめのクリームを使います。このクリームはリッチながらさっぱりした美味しさで、アップルパイなどにも良く合い、さざんか亭では常備品です。

ジャムは、前の記事でレシピをupした自家製プラムジャム。ラズベリーやイチゴ、ミックスベリー・ジャムももちろんバッチリ合いますが、爽やかな酸味のプラムジャムも濃厚な自家製なので、美味しさ抜群です。市販のジャムでもいいのですが、自家製ジャムの美味しさにはやっぱりかないません。

 

この日のスコーンは、マオリハーブのカワカワの葉とオレガノを刻んで入れたハーブ・スコーン。このスコーンの作り方も、さざんか亭流。ロトルア在住の友人の皆さんとのティータイムで好評でした。リクエストがあったので、これもレシピを紹介します。

  

<スコーン さざんか亭流 レシピ>

 

材料:12個分  上の写真(左)参照

セルフライジング・フラワー 2カップ

塩 1つまみ

ブラウンシュガー  大さじ2

クリーム  4分の1カップ (メーカーはどこのでもOK)

フルーティーな炭酸飲料 4分の3カップ

(私は 「MAC'S製フィジョア&ペア」をよく使いますが、グリーンアップルでも、レモン&ライムでも、他社製品でもOK。L&Pでもいいです)

 

*普通のスコーン作りのようなバターとベーキングソーダは使いません。クリームがリッチ感を、炭酸飲料が膨らし粉の役割をします。微糖の炭酸飲料のフルーティーなさっぱりした甘さと少量のブラウンシュガーが、ほんのりした甘みをもたらします。

普通のスコーンのパサパサ感がなく、ふんわり・しっとり、冷めても美味しいです。

 

作り方 手順:全体で30分以内で出来上がります

オーブンを180℃に予熱しておきます。

 

1 粉物……ボウルにセルフライジング・フラワー 2カップを入れ、塩1つまみとブラウンシュガー 大さじ2を入れて、よく混ぜます。

 

2 混ぜ物……その時々で好みのものを混ぜ入れます。ハーブ、小さく刻んだ青リンゴ(グラニースミス種)、レーズンやサルタナ(干し白ぶどう)、チーズ、ナッツ類など。

 

3 液体……クリームと炭酸飲料を粉類に加えて、ヘラでさっくりと混ぜ合わせます。粉と液体の分離感がなくなるまで手早く混ぜるだけにし、捏ねません。

 

4 まな板に粉をまぶし、ボウルの中身を移します。かなりベタつく状態なので、上からさらに粉をまぶし、3〜4回捏ねて全体がなめらになるようにまとめた後、厚み3〜4cm、20cm×15cmくらいの立方型に形を整えます。捏ねすぎないこと! ひび割れなどがあっても、大丈夫。焼き上がれば、ちゃんと形が整っています。

この段階の質感は、耳たぶのような柔らかさ、餅のようなプワプワ感です。

 

5 ナイフ(波型のパン切りナイフがベスト)で、12等分に切り分け、ベーキングシートを敷いたベーキング・トレーに並べます。

180℃で12分間、表面がこんがりなったら出来上がり。

 

冷めても美味しく、常温で2〜3日保ちます。

バターやジャムをつけるのもいいし、レタスやハム、チーズを挟んでミニ・サンドイッチにしてお弁当にも。

 

この日は、写真にあるハート形の葉っぱ=カワカワ(マオリのハーブ)とオレガノを刻んで入れました。トップの写真のスコーンに緑色のつぶつぶが見えているのが、この2種のハーブです。

カワカワは、NZの森に自生する植物で、マオリの伝統ハーブの一つ。お茶にしたり、湿布に使ったりします。血液サラサラ効果、殺菌と細胞の活性効果が高く、リュウマチにも効く(妊娠中や高血圧防止の薬服用の人は、血流が良くなりすぎるので、摂取に注意)そうです。

 

<デボンシャー・ティー風のスコーン>

スコーンを上下2つに切って、ソフトバターを塗ります。

片方にアンカー製シック・クリーム(上の写真・右を参照)とジャムをたっぷり乗せて、挟みます。

飲み物は、紅茶、コーヒー、ハーブティー……どれでも合います。

 

この日のハーブティーは、カモミール・ラベンダー・ミントのミックス。

 

 

ニュージーランド ロトルアのくつろぎ宿 

 

KIWI-RACCOさざんか亭 B&B / Blogページ