マイクロ・グリーン(貝割れ菜)を育てる

 例のプローマンズ&イエーツ・キャンペーンでゲットした種「マイクロ・グリーン(水菜)」で育った苗ちゃん。要するにカイワレ(貝割れ菜=子葉)ですね。この状態でバッサリ切ってサラダに散らせばいいのだけど、こんなにむっちり揃って芽生えてると、可愛くてハサミが入れられません・・・後2、3日鑑賞したら食用になってもらいましょう。


 キャンペーンは2月まで続くけど、人気の品は早く品切れになって、マイクロ・グリーン2種が一番早くstock outでした。でも、これって、うちで以前に育てて種がたくさん穫れた紫水菜と同じだから、菜の花系で種がいっぱい取れる野菜は、こうしてびっしり蒔いて、いつでもカイワレに育成できるってことですよね。

 穫れ過ぎた種を、次シーズンの野菜を育てるだけでは使い切れない~と思っていたけど、これはgood idea。今までは、勝手にこぼれ種で生えて増えるからし菜なども、菜の花や若い葉の時期が過ぎたらドンドン抜いてたけど、新たに種の利用法ができました。


ニュージーランド ロトルアのくつろぎ宿

KIWI-RACCOさざんか亭 B&B 

ブログページ