ロトルア駅伝で2チーム合同太鼓演奏

 10月11日(土)、ロトルア湖1周を舞台に開催されたロトルア駅伝で、「ロトルア楽鼓」とオークランドの太鼓チーム「ハエレマイ」とで合同演奏することになりました。


 イベント主催者からのリクエストで、スタート地点、中継地点での演奏、それに午後のプライスギビング・セレモニーでの演奏と、何回も何カ所も演奏することになり、スタートは楽鼓、中継地点をハエレマイ、セレモニーで合同演奏することにしました。

 セレモニーの演奏は15分。それぞれの曲1曲ずつと、「ヤライヤ」を全員で。2つのチームが一緒に演奏するのは初めてですが、同じ曲を演じる楽しさとそれぞれの持ち味を汲み取って分ち合う貴重な体験になりました。

 下の画像の1枚目は、駅伝の前日「ロトルア楽鼓」とオークランド「ハエレマイ」との合同練習。


 役割分担で午前中のスタート地点での演奏をすることになった「ロトルア楽鼓」。ウォーキングのスタート8:00am ファンシー・ドレスの部スタート8:50am ランニングのスタート9:00am。それぞれのスタート前に10~15分(2~3曲)、スタート時のBGMに各1曲と、数回に分けての演奏。朝は曇り空で、太鼓を打っていない時は手がかじかむくらいに寒かったけど、スタート地点に集合したランナーやスタッフの皆さん、束の間の太鼓演奏を楽しんでくれたようです。(下の画像:2、3枚目)


 ロトルア駅伝、午後3:00~のプライスギビング・セレモニーでの太鼓演奏。(下の画像:4、5枚目)

 セレモニー前のアトラクションとして15分間。ロトルア楽鼓「波紋」、ハエレマイ「天地」、合同「ヤライヤ」の2曲。

 プライスギビングのための来賓として会場に来られていたロトルア市長スティーブ・チャドウィック氏と一緒に記念撮影の一コマもありました。(下の画像:6枚目)


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ