雨の中のトゥイ

 降りしきる氷雨の中、クルミの木にTuiのつがいがとまっていました。

 普通、鳥さんたちは、雨が降る時はできるだけ雨のかからない所でやり過ごしているのか、鳴き声が聞こえません。鳥の囀りが聞こえると、「ああ、雨が止んだな」とわかるくらいです。

 それなのに、このトゥイは、雨に打たれながら、身を膨らませ、喉を震わせ、歌い続けていました。


 通年どの季節でもきれいな声を聞かせてくれるトゥイですが、春の季節はカップリングに懸命なのか、囀りにも気合いが入っています。


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ