霙と雹、暖炉とコタツ

 10月4日、前日に増して、変化の激しい空模様。仲春というのに、雹が降りました! 左の画像はバルコニーのカフェテーブルに瞬時残る氷の粒です。

 南島や北島のトンガリロでも遅過ぎる大雪。南島各地のファームでは生まれて間もない子羊たちがこの厳しい寒さをサバイバルできるか心配されているそうです。

 ロトルアでは雪は降らないけど、最低気温は真冬並みの2。寒い寒い~。

 今夜はまた暖炉の出番です。


 暖炉とコタツがそろって……まるで冬。

 暖炉に火が入ると、真ん前に陣取るJJ

 コタツは、本体のヒーターじゃなくて、ござマットの下のホットカーペットの熱で暖をとっています。JJのしっぽとELの頭がコタツ布団からちょこんと覗いて、家族でITMカップ・ラグビー(タスマンvsカンタベリー)をTV観戦。

 西洋人は日本人より基礎体温が高いらしいし、犬の体温も高く、子犬はさらに高い。JJELが潜っている時は、カーペットをOFFにしてもコタツの中がポカポカ。省エネに役立ってるね、君たち。


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ