椿とグレープフルーツ

 さざんか亭の椿とグレープフルーツの木、陽当たりのいい塀際で仲良く並んで、どちらもハッピーそうです。


 NZの人たちがグレープフルーツと呼ぶこのフルーツ、日本で売られているグレープフルーツとはちょっと違います。八朔とか甘夏に似て、皮が厚め、実の質感もしっかり。

 1つの枝にブドウのように房なりに実ができるので、グレープ・フルーツと呼ぶのだそうです。


 さざんか亭の庭には、微妙に種類が違う感じのグレープフルーツが3種類、合計5本の木があって、こんな風に実が房成り。これからの数カ月、ゲストの朝食のフルーツサラダなどに登場します。


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ