サマータイムとJ Jの体内時計

 昨日からサマータイム。時計が1時間進みました。

 日曜日の午前2時が午前3時になるので、土曜日の寝る前に時計を進めておけば、翌朝起きたら、後は時計に合わせて行動すればいいので、生活上の混乱は起きません。それでも、サマータイムで時間が変わるのを忘れていて、仕事に遅刻する人もけっこういるそうです。この辺りがいかにもニュージーランド。日本だったら、数日前から、そして前日はしつこいくらい職場でも学校でもニュースでも念押しするでしょうね。


 時計によって行動するとはいえ、サマータイムになっての初日、朝早く起きる時は、まだ外が暗いな〜と感じます。


 人と一緒に暮らしている犬たちは、時計を持たないけど、暮らしのリズムはあります。例えば、ご飯の時間や寝る時間。

 JJELの晩ご飯タイムは4:30pm。いつも、その時間前後になると、ディナー・タイムの催促をするJJ。ムダ吠えを一切しないJJとEL。JJの催促の仕方は、私が庭仕事をしていたら、どこからか姿を現してじっと見つめて側に座っていたり、室内にいる時は、お手をするように何度も片手(前足)を上げます。

 さて、サマータイム初日、JJの催促はちゃんと時計通りに始まりました。どうやって感知しているのやら……JJの体内時計、恐るべし。


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ