屋根の上のエル

 犬たちの夕ご飯の後、JJはすぐに戻って来たけどELの姿が見えない。口笛吹いても手を叩いても、反応なし。

 名前を呼びながら庭の中を探しまわったら、なんとまあ、薪小屋の屋根の上でしっぽを振っていた。(おまえは猫か!?)


 この屋根と上の段の菜園はほぼ同じ高さ、でも隙間が50センチはある。その隙間の土手を以前にJJがよじ上って菜園に出入りしていたので、ポールがネットを張って塞ぎ、現在はここからの出入りは不可能。

 菜園へのゲートも作って、私が出入りするとき以外は閉めてあるが、1m20㎝くらいあるゲートをELが飛び越えるのを数回目撃して、叱ったことがある。


 さて呼ばれて喜んでしっぽは振ったが、次の瞬間、菜園に入ったのがバレて叱られると気づいたEL、菜園の隅のシダの影に隠れている(つもり)。

 ホントにいろいろやってくれるよ、君は。呆気にとられるくらいおもろいけど、菜園の出入りは、やっぱり叱らないといけません。

 ……でも、冒険・探検は、やめないだろうな~


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ