お花見は いつ? 

 ロトルアでの「お花見」をいつに設定しようかなと、心乱れる時季になりました。


 世の中に たえて桜の なかりせば

      春の心は のどけからまし 

           (在原業平)


The ninth-century

 court noble Arihara-no-Narihira wrote a poem:

 

 If it were not for 

 Cherry blossoms in the world,

 How peaceful and calm 

 The heart in spring could be!


 この和歌を英訳で読んでも、それは意味の訳であって、桜に心乱れる所以はたぶんわからないでしょうね。

 “移ろい無常” ……「諸行無常」は鎌倉時代以降に定着する概念/哲学なので、平安時代はもっぱら 「はかなし」が重要な価値観。そして、「はかなし」は「あわれ」という美学に直結します。「はかなし」も「あわれ」も後代の意味とは違って、むしろプラス思考の価値観も含んでいました。(「あわれ」=「あはれ」は、「哀れ」ではなく、心の奥深~いところでシーンとうけとめる「ああ(嗚呼)~!」という感動から発している)

 移ろうことを肯定し愛でる感覚が、日本人の暮らしの感覚基盤だし、四季折々を楽しむ和のライフスタイルが、現代に至るまでどれだけ深く浸透し定着していることか。

 桜への執着わずか2週間程の開花の時季を逃さずに、「今年も桜見物できた」という感覚は、何故か「みそぎ」にも近い心身の清浄儀礼が今年も無事にすんだ、という意識かもしれません。桜の精は、見る者に1年分のはかなき値をくれるのでしょうか?


 え~っと、話がどんどん深みにはまっているけど(こういう昔の習性がたまに出ます、お許しを)、ほわっと春めいて来たこの頃、桜の咲き具合が気になります。

 昨日、センティニアル・パークの桜をチェックしてきました。まだ、並木のうちの1、2本が一分咲き。寒が戻ったり、急にまた暖かくなったりで、予測が難しいけど、今月の半ばから第3週くらいが見頃かな。

「お花見」は、やっぱり、皆でワイワイやりたいもの。ポールと2人で愛でるのはいつでもできるけど、心通う友と分ち合う桜の宴は、格別。観光地と外食産業がメインのロトルアでは、週末に仕事の人も多く、皆の日程を調整するのがものすごく難しいんですよね。そう言う自分たちも、週末にポールの半夜勤があり、週末毎にゲストがあったり……

 でも、今年も是非やりましょうね、お花見!

 

KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ