冬の菜園から

 さざんか亭菜園から、冬の貴重な収穫。

 やっぱり自家菜園で育った野菜たちは、味がしっかりしています。


 3年目になるフェンネルが、いつのまにか、また大きく育っていました。葉っぱも香りづけのハーブになるけど、この白い根っこの部分の美味しさがクセになる野菜です。ちょうど食べごろの大きさのが3株ほど。見つけた時は、歓声!

 秋のうちに植えたレタスは度重なる霜で、枯れもしないけどほとんど大きくならず、春の日差しを辛抱強く待っています。でも、ケールとオリエンタル・マスタード、ロケットはさすがに強い! 

 カラフルな赤や黄色の茎のレインボー・スイスチャードも、ちょうどサラダにいい柔らかい新芽が出てきました。


 冬の間は庭仕事するには寒過ぎて、放置状態に近かったのに、収穫が出始めると「また手入れしなきゃね…」とやる気が出ます。


KIWI-RACCOさざんか亭 B&B ブログページ