英語ハイク(俳句)

 「七夕祭り'14」のプログラムに、飾り作り講座、スタークイズ、ストーリーテリングなどと併せてハイク(Haiku Composiiton) を入れていたら、受け付けで「ハイクはどこでやっているのですか?」と自分から聞いて来る人がありました。

 昨年も大人の人たち向けに、試みに呼びかけて作ってもらえるように、ワークシートを用意していたのですが、今年はこちらから声をかけることもせず、ワークシートも広げていなかったのです。

 ロトルアでもハイクに興味をもって創る人がいて、自分から尋ねて来られたことに驚きと喜びを感じました。

 (画像は、七夕祭り会場で、椅子に腰掛けて、1人静かに言葉を選びながら、ハイク創りをしている女性)

 

 「ハイク(Haiku)」は、すでに世界語になっています。英語ハイクとは、どんなものか、簡単に述べてみます。

 

 Haiku=A Japanese poem with three lines and usually 17 syllables (日本の詩型の1つで、3行、通常17音節から成る)
 オックスフォード英英辞典で、こんな風に説明されています。この型にそって創れば、どの言語でもHaikuのカテゴリーに入るので、世界中でHaikuを楽しむ人口も多く、学校で子どもたちのHaiku創作を取り入れるケースも増えているようです。つい最近も、ロトルアの学校でHaikuに取り組んだ女性の方の記事がローカル新聞に載っていました。

 日本の俳句にも自由律俳句があるように、世界ハイクでは17音節にこだわるより、3行短詩にふさわしいイメージの組み合わせと、自然観察を重視しているように感じます。

『地球歳時記』という世界の子どもたちの俳句コンテスト作品を集めた本から、例を挙げてみます。
 日本語が先のものは、日本の子どもの作品と英訳、英語作品のものは、後に和訳がついています(訳の方は、詩らしいリズムを保っていますが、必ずしも5・7・5にはなっていません)。

もみじの葉   Red maple leaves
泳げば魚 when they float they are fish
飛べば鳥 when they fly, birds

A dream may go on    夢は飛んでいくのかも
like dandelions flowing   タンポポみたいに
with the drifting wind    風に流され

麦ゆれて      Wheat waving
こいのぼりゆれ   carp-streamers waving
海もゆれ      the sea waving

Star in the universe    宇宙にある星
the earth in the galaxy   銀河にある地球
and me in my home    ぼくの家には ぼくがいる

英語ハイクの感じ、なんとなく伝わったでしょうか?
季語やら切れ字やら、いろんな決まりにとらわれず、それぞれの言葉で気軽に俳句を作ってみる……こんな文化交流も、もっと広まるといいですね。
日本人にとっても、自分たちの文化を見直し、吸収し直す機会になると思います。