ラテンフード・ディナー

 朝食つき宿泊だけでご予約だった連泊のゲスト(3名様)から、「夕食もできますか?」とリクエストがありました。「やっぱり、宿でゆっくり食事もしたい」とのこと。

 あったかいお風呂の後は、もう宿でのんびり過ごしたいですよね。

 はい、大丈夫です。さざんか亭は、そんな“くつろぎステイ”のお宿ですから。

 

 今はやっぱりサッカー・ワールドカップの話題が一番盛り上がってるので、ラテンフード・ディナーにしてみました。
 メインは「エンパナーダ」(ちょっとスパイシーなミートパイ)、オントレに「サビシ」(カルパッチョに似た爽やかなメキシコ料理、白身魚のサルサ風)、それに、さざんか亭特製コールスロー・サラダ、カワカワとライム&ハーブの効いたミニ・ソーダブレッド。

 ゲストの皆さんは、NZ暮らしも長いご夫婦と、日本からのお友達(以前にNZに住んでいらっしゃったご経験有り)。「どの品も初めて食べるものです。とても美味しいです」「NZで、こんなにちゃんと組み合わせしたお食事が出るなんて、珍しいですね」と、喜んでいただけました。