オリヅルラン 増殖中

 Airplane plant  折鶴蘭(オリヅルラン)
 英語名は、上記のAirplane Plant の他に Spider Plant というのもあるけど、前者の方が断然いいですね。 
 ツルが伸びた先に小株ができて、その姿が折り鶴に似ているのでついた和名。その脇に小さな小さな白い花が咲きます。種属としては蘭とは無関係だけど、この花の感じが蘭を連想させるのかな?

 

 半日陰でも元気に茂り、白い筋の斑入り葉が涼しげで、和風の庭によく似合いますね。でも、原産は南アフリカ。乾燥にも強いので、陽当たりの良い庭のボーダーやグランドカバーにもなります。ツルと小株がたくさん放射状に伸びるのを利用してハンギング・バスケットにも良い。小株を水を入れた器に浮かべておくだけで根が出て、水栽培もでき、室内の観葉植物にもなる、なんとほとんどオールマイティー植物。しかも、NASAが発表した「最も空気清浄効果の高い植物 ベスト5」に入っているとか。


 数年前にバニングスでミニ観葉として売られていた小さなポット植えを買って、室内で植え替えしながら育てたのを、1年前に株分けして地植えしました。ただ今、大増殖中。
 3月末の「折り紙講座」の時に、小株をミニ観葉向けに8鉢ほどポット植えにして欲しい方にお分けしました。日本原産ではないけど、オリヅルランは、折り紙と関連して、とっても「和の心」を伝える植物だという気がします。

 今度の七夕祭りでも、できればミニ・ポット植えを持っていけたらと思ってるのですが、その作業をする余裕があるかな?