チャツネ と レリッシュ

 青リンゴ, フィジョア, キーウィーフルーツを素材にしてフルーツ・チャツネが3瓶できました。下の1枚目の画像は、夏にプラムをメイン素材にして作ったチャツネと並べたところ。それぞれのフルーツの色合いや風味が効いてます。

 

 今日はさらに、今シーズン最後の収穫のトマトで、トマト・レリッシュ2瓶作りました。


 チャツネとレリッシュ…って、どう違うんかな? 要するに、フルーツやベジの甘酸っぱさを生かした、スパイスのきいたセイボリー・ジャム。
さざんか亭では、薬味としての用途以外、いろんな料理の隠し味によく使います。自家製のは、好みのスパイス配合だから、旨さ絶品。もう市販品に戻れない!

 

 チャツネと言えば、カレーの付け合わせ。甘酸っぱいものは、スパイス料理との相性がいい。ニュージーランドでは、カフェでキッシュにチャツネが添えられていて、初めてそれに出会った時は新鮮でした。

 下の最後の3枚の画像は、昨日の夕食。カレー風味のポーク・ピカタ、ポテト&クマラのカレー・サラダ。ヨーグルト・ソースとチャツネ添え。