マラソン・ランナーのために太鼓演奏

 5月3日(土)50回記念ロトルア・マラソン。「ハーフウェイ地点でランナーを元気づけるために太鼓を打って欲しい」という主催側の依頼を受けて、「ロトルア楽鼓」のメンバー5人、道路脇での演奏。先頭ランナーからほぼ最後尾まで、3時間切れ目なく、5〜6曲を何度も繰り返し打ち続けました。
 この辺りは、コースの中で一番アップダウンとカーブの多い地点。ランナーの皆さんが、笑顔で手を振ってくれたり、リズムを手拍子しながら走ったり、口々に“You guys awesome ! ” “Thank you ! ” “You're doing great ! " などなど、声をかけながら走り抜けて行きました。
 一緒に写真を撮って行くランナーもいたり、リズムに合わせてスキップしながら通り過ぎるランナーもいて……ペースを乱さなかったかな?
 話しかけてくれるランナーもあって、“Cheers ! " とか ”Good on you ! " とか、こちらも返すけど、ついリズムの繰り返しの回数を数え損なったり、自分のソロに入り損ねたりして・・・。
 それにしても、3時間打ち続けは、Hiroeの28年間の太鼓歴でも初体験でした。

 マラソン太鼓演奏の数日前。「ハーフウェイ・ポイントで演奏してくれ」というけど、その辺って太鼓をセッティングできるような場所あったっけ?……一応下見に行きました。電話で話したスタッフは「1キロ毎の表示は、すでについてる」といったけど、何もなかった。やっぱり、ね。
 画像は、当日道路閉鎖になる区間の端、Hamurana Rd.とUnsworth Rd. の角。ハーフウェイより3キロ弱手前だけど、見通しもいいし、日当りも景色もいいし、平らな芝の上に太鼓を置ける……ここがベストだ! ここしか ない!
 マラソン当日、このポイントでロード・セキュリティの人に「ここでいいかな?」と聞いたら、責任者に電話して聞いてくれたけど、結局、やっぱりハーフウェイで、という指示でした。おかげで、湿った寒い道路の上で演奏することになったけど、ランナーの皆さんにとっては、きついアップダウン&ワインディングのポイントで元気づけになって、よかったのかも、ですね。
 

 

 ちなみに、さざんか亭のゲスト3名の方も、このロトルア・マラソン10kコースに参加されました。数年前には、フル・マラソンに参加されたゲストもあって、その時は自己ベスト記録だったそうです。