そよ風のシルエット

 12月も半ば。あと2週間で年替わり。NZの年末年始は真夏で、なんだか切り替わりの間隔がイマイチ。

 蒸し暑く息苦しい程の暑さの日本と違って、NZの夏は一番いい季節。特にロトルアの夏は爽やか。ただし、そのシーズンの夏がどんな気候になるかは、年に寄ってかなり違うので、「夏の気候はこうですよ」と一口に言えません。一昨年は冷夏で晴れの日がほとんどなかったし、去年は3ヶ月近く全然雨のない日照りでした・・・さて、この夏はどうかな?

 

 今のところ、曇ったりシャワーが降ったり、時々雷雨も混じる変わりやすい空の日が多い。気温も低めで、半袖だと肌寒い。

 昨日は、久々に、1日中真っ青な空。それでも、空気は冷涼で、風はやや冷たい。一階も2階も、家中の窓を開けて風多し。そよ風がヒュルヒュルと通っておくのが見えるようです。

 リビングのソファで本を読んでて、なんだかサワサワと光るな〜と目を上げたら、天井にバルコニーのカフェ・テーブル&チェアのシルエット。レースカーテンを透かして、鉄製手すりの♡模様もきれいなシルエットになっていました。 

 

 JJは、バルコニーで日光浴……こんなに晴れた日は、コンクリートが熱くなって「ホットドッグ」になるんじゃないかと思うのに、本人は気持ちいいらしい。まるで、普段が太陽光線不足で、わずかな日差しでも日光浴したがるヨーロッパ人みたい。

 光線の強さと空気の冷たさ……このNZ特有の不思議なコンビネーションだから、毛皮コートのJJでも、これで心地よいのかな?