1日2回もピンチ!

part 1. バンブル・ビーのリベンジ!?

 リビングルームの床に、ヘロヘロと迷い込んだ蜂を発見。丸っこいバンブル・ビー(bumblebee, マルハナバチ)。動きが鈍く、弱っているらしい。こういう断末魔の蜂は意外に危ない。キッチンペーパーでそっと包んで、窓から外へ。

 その後、ガーデン手袋をしてバルコニーに出たら、さっきの蜂が階段にヨタヨタ。これはJJが好奇心で鼻先でツンツンなどしたら、アブナい。手袋の先でつまんで、今度は庭の茂みにポイ。余命幾ばくも無いかもしれないけど、草むらで少しは長らえてね。

 

 30分後。ゲート外、ドライブウェイ脇の雑草をセッセと抜いて、隣りとのボーダーまで進んだ時に、右手の甲にチクッと激痛! 大きなバンブル・ビーが手袋の上から一刺し!!

 えっ!? さっきのヨタヨタ蜂じゃない。でも、2回もつまんでポイされたのを、息絶え絶えになりながら仲間に伝えて、侠気の血気盛んな奴が「おいらが、お前をいじめた奴を懲らしめてやるっ」ってリベンジに来たのか!? 部屋の中で死にかけてたのを、緑の中に戻してやったんだから、そりゃあ、恩を仇で返すってもんだよ。ひどいな〜。

 ・・・てなことを考えつつ、とにかく蜂指されの応急処置。

 リビングにすっ飛んで戻って、救急箱を探り、「ポイズン・リムーバー」で毒を吸い出し。水で洗い流して、プロポリス&マヌカハニー配合の喉スプレーを吹き付けて消毒殺菌(この喉スプレーは、ケガや火傷にも効く優れモノ)。この処置のおかげで腫れはそんなにひどくはならなかったけど、やっぱりむくんで、痛痒い。4年前にスズメバチに刺されてクリニックでもらった塗り薬がまだたっぷりあったので、繰り返し塗って、24時間で全快しました……やれやれ。

 

 回復途中でも、またガーデン手袋をして除草作業へカムバック。

 そこで、さっきの場所に戻り、木の塀の根元に穴があって、そこがバンブル・ビーの巣になっているのを発見。雑草に隠れて、見えなかったんです。巣に近づいたら、そりゃあ攻撃してくるよね。ヨタヨタ君の仲間のリベンジじゃなかったんだ。邪推した私が悪うございました。

 

 バンブル・ビーはミツバチと並んで、花粉受粉の媒介役。果樹や菜園には大切な存在なので、わざわざ蜂を呼ぶ花を選んで植えるくらいです。庭の作業をしていても、すぐ横で、花から花へブンブン飛び回っているバンブル・ビーは、別に怖いものではありません。お互い共存しなくちゃね。