雹と虹

 10月も下旬。本来なら春から初夏へ向かうはずの季節だけど、この頃は1日の最低気温が4℃とか2℃とか、まるで真冬のような寒さ。

 風も連日すごくて、まるでハリケーンのような暴力的な吹きっぷり。

 1日の中でコロコロと天気が変わるのは、NZでは珍しくないけど、18日(木)の変わりっぷりも凄まじかった。

 曇り〜雨〜快晴〜雹〜虹〜暴風・・・ホントに何でも有りの1日でした。

 右の画像は、バルコニーのガーデン・テーブルに当たってはじける雹。