ウォーリアーズ Vodafone

 ヒロの携帯電話を、テレコムからvodafoneに変えました。

 家の電話もネット・プロバイダもポールの携帯もvodafoneなのに、今までテレコムだった訳は、ひたすらサンヨーの機種が使い易かったからなんです。でも、来年の7月から通信システムが変わり、携帯機種そのものを変えないといけないことになるらしく……そうなると、テレコムに執着する理由がないのです。それで、いろいろ検討の結果、vodafoneで統一することにしました。

 日本にいた時と違って、NZでは、携帯は必要最小限(外出時の緊急連絡や、ガイドツアー中に予約の時間変更の連絡をする場合)の通話や、TEXTくらいしか使わないので、月額契約はムダが多すぎる。$20のプリペイドで2〜3ヶ月は十分保つくらいの使用頻度。

 vodafoneにするなら、この際、iPhoneに……とも考えたけど、月額$80~130くらいのマンスリー・プランにしないと、本体価格が高過ぎるし、そんな月額も、絶対その分は使わないので、もったいない。

 スマートフォンのかっこいい機種も、安くなってる!と思ったら、マンスリー・プラン。トリッキーだよね〜。

 

 結局、プリペイドで、本体のデザインも納得できる機種……vodafoneのサイトで探して、ウォーリアーズ・スペシャル・エディションにしました。ヒロはけっこうミーハーなんで、大満足。

 Warriorsは、ラグビー・リーグのNZ唯一のプロ・チーム。オークランドが拠点だけど、ロトルアもオープン戦などホームになることがあります。ロゴも、マオリのティキ(守り神)をベースにしたデザインで、NZっぽい。

 このスペシャル・エディションには、ウォーリアーズの写真数枚が、プレ・インストールされていて、壁紙にもできるんです。ファンには嬉しいね。でも、ヒロは、カワハ・ポイントを散歩するJJとポールの画像を壁紙にしてます。

 

 ところで、最近の携帯って、ストラップを付ける部分がないんですね〜。悲しい。

 全体がツルンとしてるから、絶対取り落とすと思うんだけど……皆、どうしてるのかな? 

 専用ケースを探しにvodafoneショップにいったら、あまりに在庫が少なく、ほとんどiPhone用でした。ネット検索でも、無し。テレコム・ショップに行って、「ごめん、vodafoneなんだけど、これに合うケース、ありますか?」と聞いたら、スタッフさんがイヤな顔もせず、「Galaxyタイプかな?」と、シリコン・ケースを取り出してくれました。カメラの位置やパワー・ボタン、充電ポイントなど、微妙に違うので、「自分でカットすればいいよ」とアドバイスをくれたのですが、これが一苦労の作業に……。シリコンって、ものすごく丈夫なんですね。カッターでもハサミでも、簡単にはカットできないことを実感。根性で、一番切れ味のいいキッチン・バサミで、それぞれやっと適当な穴を開け、実用段階になりました。違う機種用のケースで、意味なく空いた部分ができたために、ストラップも取り付けました。何が幸いになるかわからないね。