ポールのバースデー 3題

part 2. ガーンジー・セーター

 毎年恒例(?) ポールの誕生日に合わせて編むセーター。

 夏頃(……というのは、NZではニューイヤー頃です)から、無性に「ガーンジー・セーターを編みたいっ!」と思い始め、ずっと前に編んだポールのアラン・セーターが伸びて首周りなどがゆるゆるになったのを解いて、玉にしていました。

 

 ポールのバースデーは8月初め。7月の始め頃から編み始めれば、楽勝!

 ・・・と思っていたら、急に忙しくなっちゃった7月中旬。とにかく、空いてる日に編まなくちゃ、間に合わない。

 

 何につけ、「コツコツ・少しずつ」ができないヒロであります。手をつけたら、一気に結果を出したい。模様編みは、ひとまとまりのパターンができるまで、手を止められない。…で、夜更かししても、編んじゃう。

 男物 Lサイズのセーター、完成まで1週間。これが早いのかどうか、人との比較はわからない。

 問題は、日本の編み物ブックのサイズだと、ポールの場合、腕の長さが足りないのです。それで、自分で適当にサイズを変えるのだけど、ゲージを取るなんて几帳面なことをしないので、大きめに編むと、伸び易くなるのが難点。

 今回は、できるだけ、編み図に忠実に従いました。でも、ちょっぴり、自分流にアレンジしましたけど、ね。