ポールのバースデー 3題

part 1. 時差

 電話が鳴って、受話器に飛びついたら、聞こえてきたのはルイーズの声。シドニー在住の、ポールの妹。「元気?」「うん、まあまあ…」の挨拶の後、「ポールはいる?」

 ポールの誕生日に、必ず電話してくれるルイーズ。

 この日、昼過ぎに仕事から帰ったポールは、また夜勤に備えて睡眠中。バースデーなのに、一番しんどいシフトの日に当たっちゃいました。

 

 ルイーズも、ポールの仕事の時間の不規則さは知っているので、

「何時に電話すれば、話せる?」

「え〜とね、夕食の時間に起きるから、7時頃がいいかな。NZ時間のね」

「わかった。NZとシドニーは2時間違いね。じゃあ、その頃、またかけるね」

 ポールにそれを伝えたけど、ルイーズからの電話は来ません。

「この時間は、彼女も忙しいんだよ」

 

 ポールが仕事に出かけた11:00pm過ぎ。リリーン!

 こんな時間に誰?……と受話器を取ったら、ルイーズでした。

「惜しいっ! さっき出かけちゃったよ」

「え〜? NZとの差が2時間でしょ……。」

「う〜ん、だから、NZの7PMはシドニーの5PM」

「あ〜! プラス2時間じゃなくて、NZから2時間マイナスね。」

 

 ルイーズ、ルイーズ……オーストラリアに何十年暮らしてるのに、それでも、やっぱり時差の計算、間違うんだ〜!?

 結局、次の日の午後に首尾よく時間を合わせて、兄妹の会話タイムできました。

 めでたし……めでたし……